ノートパソコン

no

ノートパソコン

PC

今パソコン市場の50%を占めているのがノートパソコン。
ノートパソコンはオールインワンタイプとなっており、携帯、運搬性を重視されています。以前は製造コストが高くデスクトップよりも価格が高いため、利用者が少なかったですが、現在では改良され非常に安価にて購入することが可能となっています。

日本でノートパソコンが大きく普及されるようになったのが2000年以降。住宅事情の変化や、ノートでも十分な性能が備わっていることから広まりました。

ノートパソコンの呼び名は、和製英語です。日本では当たり前に使っている言葉ですが、海外では全く通用しません。世界ではラップトップコンピュータと呼ぶカテゴリの赤の一部です。当時はラップトップパソコン、ブック型パソコンとも呼ばれていましたが、どちらも定着せずにノートパソコンと呼ばれるようになりました。

現在販売されているパソコンは大幅な進化を遂げ、タッチパッドやポインティングスティック、イーサネットや無線LANなどは標準装備されています。そのため、メインパソコンとして購入する企業や個人が多いのです。

パナソニック、富士通、Appleなど多数のメーカーより販売されていますが、初心者にはDell製品もおすすめです。
パソコン自体の機能は、既存のものからオーダーメイドタイプのパソコンまで購入可能。さらに一番のおすすめは、購入してからのアフターサービスが充実していることです。基本として1年間の保証がついており、さらに追加で期間を伸ばすことやオプションを付けることも可能です。既存のノートパソコンであれば即日発送も可能ですので、最短では購入した翌日より使用することができます。