パニエ

no

パニエ

結婚式の2次会やパーティーに、パニエを着用して出かける方が増えています。以前はロリィタ服のイメージが強かったパニエですが、お洒落なファッションとして広く普及してきました。ロリィタ服は2004年に公開された映画「下妻物語」で主演した、女優の深田恭子さんのロリータファッションの影響もあり一般に知られるようになりました。

ロリータファッションで欠かせないのがパニエで、膨らんだスカートはフランスのバロック文化やロココ文化を偲ばせるものです。ただパニエの発祥の地はフランスではなくスペインで、それがイギリスに伝わってからフランスの宮廷で用いられるようになりました。パニエと呼ばれるようになったのもフランスで、パニエはフランス語で鳥かごを意味します。

当時のフランスではパニエでスカートを膨らませコルセットでウエストを締めつけて、腰のくびれを強調するファッションが流行していました。しかし日本で独自に生まれたロリータファッションは当時のフランスのファッションとは異なり、どちらかと言えば物語に登場するお姫さまをイメージするようなフリルやレースなどが多用されています。

パニエは東京や大阪などの大きな都市部では比較的カンタンに手に入りますが、地方都市では売られいるお店も限られています。そこでお勧めなのがネット通販で、即日発送にも対応していたりパニエの種類も豊富です。

購入することができます。さらにその日の夕方までとか制限はありますが、即日発送を行っているネット通販もあるので便利です。