ニーハイブーツ

no

ニーハイブーツ

最近の秋や冬のお洒落の定番のひとつがホットパンツや、ミニスカートとニーハイブーツの組み合わせです。特に10代や20代の女性に人気のファッション誌には、秋や冬のシーズンになると多くのニーハイブーツの特集が組まれています。10代や20代の女性がファッションとして興味や関心を持っているニーハイブーツですが、元々はブーツは登山の時や作業の時に怪我をしないように作られたシューズです。

そのため本来のブーツは足を守るために革や強靭なゴムなどが素材として使われ、崖や工事現場などで足が怪我をしないように石のかけらや釘などがシューズの隙間から入らないように設計されています。頑丈な作業用のブーツなどは頑丈で重たいのが特徴ですが、女性用のブーツは乗馬ブーツなどのようにファッション性が意識されて作られたものが多くどれもお洒落です。

ただ女性のなかには履き難く、脱ぐときも大変なブーツを敬遠する人も少なくありません。女性用のロングブーツなどは着用を容易にするためにジッパーが付いていたり、乗馬ブーツなどは紐や取っ手に工夫が施されています。また世界中にはブーツに関するいろいろな諺や言い回しがあったり、廃棄されたブーツを使って作られたメンドーザと呼ばれる楽器なども存在しています。

普通のロングブーツよりもさらに長いニーハイブーツは一般のシューズ屋さんにも売っていますが、可愛いベーシック系なニーハイブーツやガーリー系なニーハイブーツを探しているのであればカタログ通販やネット通販で購入するほうが種類も多く価格も安くお徳です。それに即日発送を行っているところも多く、きっとお気に入りのニーハイブーツが見つかると思いますよ。