ネクタイ

no

ネクタイ

日本ではカジュアルな場でファッションとしてネクタイを着けることもありますが、多くは会社など職場で働くサラリーマンのスーツとネクタイは制服みたいなものです。海外ではパーティなどフォーマルな場ではスーツとネクタイは必須で、ネクタイをしていないと入れない高級レストランなどもあります。そのため日本の男性はあまり派手な柄や、色のネクタイの着けて会社には行けません。

日本では男性がネクタイを購入する場合は、ほとんどがデパートのネクタイ売り場で選ぶのが一般的です。ネクタイはスーツや靴と比べると何万円もするものは少なく、多くが1万円以内~1万5千円前後で購入することができます。もちろんシルクのネクタイや西陣織りのネクタイなど少し高めのネクタイもありますが、それでも普通は2万円も出すとお釣りがきます。

最近ではネットを開くと通販で、ネクタイを注文できるサイトがたくさんあります。色も色見本から好きな色が選べ、柄も無地からストライプやチェック模様まで実にさまざまです。さらに春物や秋物のネクタイなど、その時のシーズンに合わせたネクタイが掲載されています。またいろいろなタイプのスーツと一緒に写真もアップされているので、イメージがしやすいなど工夫がされています。


また即日発送を行っているネット通販もあるので、パーティやイベントなどどうしても急ぐ方などにはお勧めです。さらに男性へのプレゼントでネクタイを贈りたい場合などは、専用の包装用の箱やリボンなども用意されています。