ナースシューズ

no

ナースシューズ

ナースとはもちろん看護師のことですが実は2002年3月までは、ナースといえば女性の看護婦のことを指していました。そのため男性は看護士と呼ばれ、ナースは女性の看護婦として区別していました。そのため1996年にフジテレビ系列で放送された女優の観月ありささんが演じる、ドジな新人ナースの朝倉いずみが騒動を繰り広げるテレビ番組「ナースのお仕事」ではナースとはまだ女性の看護婦のことでした。

日本のナースシューズの歴史ですが富士ゴムナースが1953年に、3タイプのナースシューズを発売したのが始まりだと言われています。看護師の場合は白衣やナースキャップなどは病院などから支給されるのが一般的ですが、ナースシューズやナースサンダルはほとんどが自分で購入しています。1日中ほとんど立ちっぱなしのナースにとっては、ナースシューズやナースサンダルはとても大事なアイテムです。

他の女性の職業のなかでは給与が高い看護師の仕事ですが、それも2交代や3交代の夜勤手当や残業手当があるからです。白衣の天使に憧れて苦労して看護学校を卒業しても、入職して1年以内に辞めるナースも少なくありません。それは理想と医療の現場の現実のギャップが原因ですが、それほど看護師という仕事はハードで転職が多いのも特徴です。

それだけにナースシューズには拘りを持つナースが多く、色やデザインだけでなく履き心地がよくて疲れないものを選びます。ナースサンダルはもちろん普通のシューズ屋さんでも売っていますが、カタログ通販やネット通販などのほうがより色やデザインを選べます。また即日発送のサービスを行っている、カタログ通販やネット通販もあるので便利です。