女性の喪服

no

女性の喪服

お通夜や葬儀や告別式に参列する場合に喪服も、男性の場合には黒のスーツは誰でも1着は持っているものです。しかし若い女性のなかには、喪服を持っていない方もいます。女性の服装は基本的には黒色ですが、地味な平服であれば問題ありません。ここでいう平服とは黒色や濃紺や暗めの茶色などのスーツやワンピースのことで、普段着のことを指しているのではありません。

また黒色や地味な平服であっても肌を露出した服装は、夏であっても着用しないように気を付けて下さい。さらに素足ではなくストッキングは肌色か黒色を身に付け、黒の靴を履いて参列するようにします。結婚指輪や婚約指輪は大丈夫ですがそれ以外のアクセサリーや、イヤリングなどは身に付けないように注意しましょう。もし真珠のネックレスを身に付ける場合には、必ず1連のネックレスにして下さい。お通夜や葬儀などに2連のネックレスを身に付けて行くと、不幸が重なると忌み嫌います。

できるだけ自然なメイクを心がけ香水や、派手な化粧やマニュキアは控えるようにします。ハンドバックやシューズなどもできるだけ黒色など地味な色で光沢のあるものなどは避け、冬でもファーや動物の毛皮のコートなど殺生を想像させるものも身に付けないようにします。女性の喪服も今はカタログ通販やネット通販で買えるので、1着は購入されることをお勧めします。即日発送に対応しているカタログ通販やネット通販もあるので、急ぐ場合などには便利です。