大きいサイズの喪服

no

大きいサイズの喪服

最近では大きいサイズの洋服などもデパートにコーナーがあったり、専門店も多くはありませんが存在します。しかし大きいサイズの喪服となるといざお通夜や葬儀や告別式に、参列することになった時でもなかなか見つからないものです。そのため事前にカタログ通販やネット通販などで、注文して購入されることをお勧めします。ネット上の大きいサイズの喪服を取り扱っているサイトでは、9Lから10Lぐらいまでは揃えているところが多いので大抵の方でも大丈夫です。また15時や16時までであれば即日発送に対応しているところも多いので、急ぐ場合でも安心して注文することができます。

たまたまNHKの番組で喉頭がんで亡くなった落語家の立川談志さんの一生を、前編では小出恵介さんが演じ後編では中山秀征さんが演じているのを観ました。どちらもとても良かったのですが特に、中山秀征さんが演じている後編の談志師匠はとても印象的でした。世間の立川談志さんのイメージと弟子たちが語る、談志師匠には随分と大きな違いがありました。

この番組とDVDで観たドキュメンタリー映画「エンディングノート」は死よりも、いかに生きるかを考えさせられました。エンディングノートは67歳で会社を退職したサラリーマンが胃癌と判明し、家族へ向けてエンディングノートを残すストリーです。監督はこの男性の実の娘さんで、感動的な映画でした。機会があれば是非、1度この映画を観て下さい。きっとどう生きるべきかを、教えてくれるはずです。