喪服

no

人間の誕生はある程度の予定がありますが、人の死は突然に訪れたりします。しばらく疎遠だった知人や友人が亡くなった知らせなどは、しばらく信じられないものです。しかしお通夜や葬儀や告別式は待ったなしに行われ、まず頭に浮かぶのは喪服のことです。年配の方であればこれまで何度もお通夜や葬儀に参列されているかもしれませんが、初めてお通夜や葬儀や告別式に行かれる場合にはどんな服装で行けば良いのか迷うものです。

日本ではお通夜や葬儀や告別式に参列する場合の喪服は基本的に黒や地味な色ですが、実は葬儀のやり方も喪服の色や決まりなども世界中で異なります。日本でも江戸時代までは葬儀の場合の喪服は黒色ではなく白色が一般的でした。これは中国や韓国の昔の葬儀が、儒教の考え方からきているものです。日本もその影響で白色でしたが、それが江戸時代から黒色に変化しました。

アジアの国のなかでもタイなどは葬儀には日本と同じように黒や、地味な色で参列しますがなかには普段着で参列する人もたくさんいます。ただ日本では男性の喪服は白シャツに黒の喪服に、ネクタイや靴下も黒色で黒の靴で出かけるのが礼儀です。もし子供さんもお通夜や葬儀に参列させる場合には派手な服装でなければ大丈夫ですが、学校の制服があれば制服でもOKです。

急なお通夜や葬儀に参列する場合に喪服がなければデパートなどで購入するしかありませんが、1着は喪服は普段から用意しておくことをお勧めします。デパートなどで購入するよりもむしろ、カタログ通販やネット通販のほうが安い場合もあります。また即日発送に対応している通販会社であれば、日数も掛からないので便利です。