ロングドレス

no

ロングドレス

ロングドレスと言えばフォーマルな場で着用する洋服というイメージが強いのですが、最近ではカジュアルな場でお洒落に着こなす女性が増えています。日本にロングドレスが紹介されたのは明治時代で、それまで着物が普段着だった日本の女性も、西洋の女性が着ているロングドレスに憧れを持つようになりました。

ロングドレスが大きく発展したのは18世紀のフランスで、日本でも有名なマリー・アントワネットの時代です。14歳の時に結婚して後にルイ16世の王妃となり困窮して食べるパンもないフランス国民に対して、「パンがなければケーキを食べればいい」と言い放った浪費家で知られる女性です。最後はフランス革命の裁判で処刑が決まり、ギロチンで処刑された悲劇の王妃でもあります。

2006年に公開された映画「マリー・アントワネット」を観ると、当時の華麗な宮廷貴族の女性のロングドレス姿を見ることができます。この映画は実際のヴェルサイユ宮殿で撮影されたもので、ロングドレスなどの豪華な衣装だけでなく見所満点の一押しの映画です。ロングドレスと言えば中国のチャイナドレスもそうですが、チャイナドレスが中国の最後の王朝である清の時代の、宮殿衣装だったことをご存知の方も少ないかもしれません。

パーティで着用するロングドレスもいいですが、最近ではネット通販などでもカジュアルな場でも着れるロングドレスも数多く扱っています。ロングドレスは普段着としてもとても着やすく、あまり体型を気にしなくても着こなしが簡単にできます。なかには即日発送を行ってくれるネット通販もあるので、好きなアクセサリーと合わせれば上手にお洒落を楽しめます。