結婚式での靴

no

結婚式での靴

知人や友人から結婚式にお呼ばれした場合に女性であれば、和服にするかドレスにするか迷うと思います。男性であれば最近では黒などのフォーマルなスーツでなくても、恥ずかしくないようなスーツであれば問題ありません。ただ意外と男女ともに靴にまでは気が回らずに、普段履いている靴のまま出席する方も少なくありません。

実は女性が結婚式に出席するときは、足のつま先が隠れるパンプスを履いていくのがマナーです。なかにはオープントゥタイプのパンプスやサンダルタイプのシューズで結婚式に出席する女性もいますが、結婚式に相応しいとは言えませんので注意が必要です。これはオープントゥタイプのパンプスやサンダルは基本的にはカジュアルな履物だからで、足のつま先が隠れるパンプスタイプのシューズが結婚式では正装です。

同じような理由でミュールやロングブーツなどを履いて、結婚式に出席するのは控えましょう。そうしないとせっかく招待してくれた、知人や友人に対しても失礼になります。また結婚式にドレスを着ていく場合には平たいシューズではなく、3センチほどの高さの細ヒールがお勧めです。また夏のシーズンに結婚式に招待された場合でも、肌色のストッキングを必ず履くにしましょう。

男性の場合は黒の紐靴が正装ですが、靴底も革のシューズを履いて結婚式に出席するようにしましょう。間違ってもスニーカーなどカジュアルなシューズで結婚式に出席しないようにしましょう。結婚式での靴も新しく購入する場合には、即日発送を行ってくれるネット通販などもあるので忙しい方には便利です。