事務服

no

事務服

事務服といえばフジテレビ系列のドラマ番組、ショムニを思い出す方も少なくないはずです。江角マキコさん主演で2013年7月10日から再び放送されましたが、日本では事務服は文字どうり事務職の女性の制服です。しかし事務服を女性に着用することを義務付けている国は珍しく、アメリカかヨーロッパでは事務服はまずありません。

アジアでも中国では事務服がありますが、他の国では事務服を着用させる国はありません。看護師の白衣や工場での作業服などは他の国でも当たり前ですが、日本でなぜ事務服が普及したのでしょうか。もともと制服が普及したのは軍事国家の存在が大きく、日本でもかっては軍隊で制服を着用することが決められていました。

幕末の新撰組が着用していたのも制服の一種ですが、あれは赤穂浪士の討入りの時の衣装を参考に作られたという説もあります。日本で事務服が普及したのも学校の制服と同じ理由で、戦後まだ日本が貧しかった頃に衣服代にあまりお金を掛けられない人のためだと言う理由です。しかし今は時代も変わり、日本の女性はお洒落になっています。

そんな時代にまだ事務服が存在しているのも、なにか不思議な気がするのは私だけでしょうか。事務服を購入するならユニフォームを専門に扱っているお店か、カタログ通販やネット通販で購入するしかありません。もし近所にユニフォーム屋さんがなければ、即日発送にも対応しているネット通販がお勧めかもしれません。