学ラン

no

学ラン

学ランとは男子生徒が主に中学校や、高校で着用する詰襟の制服のことです。学ランというは言葉の由来ですが多くのオランダ人が江戸時代の終わりごろに来日し、当時の人々がオランダ人が着ている服を見て「ランダ」と呼んでいました。それが明治時代になってから洋服のことを隠語として「学ラン」と呼び、昭和50年代の漫画でこの学ランという言葉が使われ広く世間に知られるようになりました。

さらに昭和55年頃に不良学生が長ランなどと呼ばれる学生服を着用していましたが、今では学ランは詰襟の学生服のことを意味します。学ランは基本的には中学校や高校で着用する詰襟の制服のことですが、付属小学校や防衛大など一部の大学でも着られています。また男子学生の詰襟がある上下の制服を指しますが、なかには折襟や開襟のところもあります。

また学ランはほとんどが無地の黒ですがなかには濃紺や、群青カラー・灰色・緑の学ランも存在します。さらに少数ですが黒色にシャドーストライプが入った学ランや、運動会の応援団が着る赤色や白色の学ランも販売されています。日本で学ランメーカーが集まっているのは岡山県の倉敷市の南東部にある児島で、ここには学ランだけでなくワーキングウェアや特殊作業服なども生産されています。

以前であれば学ランは学生服を専門に取り扱うお店で購入するのが一般的でしたが、今はネット通販などでも注文することができます。さらにネット通販のなかには、即日発送を行ってくれるところもあるので便利です。