バッグ

no

バッグ

男性にとってはバッグはビジネス用が多くどちらかといえば機能性を重視しますが、女性の場合はやはりファッション性を重視する方が多いようです。日本にバッグが紹介されたのは幕末から明治にかけてですが、本格的に普及したのは戦中から戦後にかけてです。特に戦後は日本軍の軍服を再活用してバッグを作ったり、日本に在留していたアメリカ軍からの払い下げられたバッグなどが出回りました。

ただバッグの起源は古く現代のイラクがあるチグリス川とユーフラテス川周辺で栄えた、紀元前9世紀の国のアッシリアだという説が有力です。日本で現在のような皮でできたハンドバッグが初めて登場したのは、女性が社会に進出し始めた1927年になってからです。その後1950年にそれまで使用が規制されていた牛皮が、自由に使えるようになると牛皮のバッグが本格的に普及しました。

現代ではバッグに使われる素材もビニールやナイロンをはじめエナメルや、見た目は皮と変わらない合成皮や人工皮で作られたバッグが多く売られています。男性が仕事で使うアタッシェケースなどはデパートやバッグ専門店で購入される方が多いのですが、女性用のバッグメーカーやショップが最近ではオンラインでバッグを取り扱っています。

ルイ・ヴィトンなど高級ブランドのバッグも、ネット通販などで購入することができます。さらにその日の夕方までとか制限はありますが、即日発送を行っているネット通販もあるので便利です。