ポータブルトイレ

no

ポータブルトイレ

高齢化社会となってきた日本。そのため介護用品の売れ行きも上がっています。
高齢になると自宅で用を足すことも厳しくなり、ポータブルトイレを利用する方も多いです。今ネット通販などではこうしたポータブルトイレを販売しているところも多いようです。

ポータブルトイレといっても、実は色々な種類があることはご存知でしょうか。まずポータブルということは、移動が可能ということです。ベッドのすぐ脇に設置することももちろん可能で、夜中でもすぐに用を足すことができます。

また、利用者がどの程度の状態かによってもポータブルトイレの種類が変わってきます。まず座位の体制を保持できるかどうかで、ポータブルトイレが使用できるか変わります。座位ができない状態ですと、ポータブルといってもトイレですので、利用が不可能となるでしょう。
また、自分で歩くことが不可能な人でも、ベッドからおしりをずらして移動できるという場合には、ポータブルトイレを使用することもできるでしょう。

なかには寝室などにトイレを設置するのは見た目や衛生的に良くないという考えの人もいますが、そんな方には木製の椅子がオススメかもしれません。見た目もアンティークっぽくトイレのような感じはしません。逆に樹脂製の椅子だと見た目がトイレといった感じですので、印象としては良くないかもしれません。

また、その種類によって重さや価格、使い勝手が異なります。

介護用のポータブルトイレについて説明しましたが、レジャーでの簡易トイレとしての利用もあります。使い捨てのものや袋型、尿便タイプのものまであります。

いずれも通販サイトで購入可能です。即日発送希望の場合は、その旨の記載があるものを選びましょう。