ヘルメット

no

ヘルメット

東日本大震災が起きてからは、防災グッズに対する意識が変わっています。その中でも災害時に命に直結することから、ヘルメットの重要性が認知されてきました。
自転車による交通事故では、ヘルメットを着用しているよりも着用していない状態だと、死亡率が約3倍にもなるようです。
大地震による災害では、落下物による危険性が非常に高いです。特にビルなどの建物が密集しているようなところでは、屋内も屋外も危険なためヘルメットは非常に重要なのです。

皆さんヘルメットをイメージすると工事現場で被っているものを想像する人も多いでしょう。しかし今は色々な形、デザインのヘルメットが販売されています。
災害時ようにと考えている方には、折りたたみができるヘルメットがおすすめです。価格は安いものなら3000円代から購入ができ、かさばる心配もありません。いざという時に助かります。ヘルメットは食品のように期限がないので、1度
購入しておけば一生使えます。

こういった防災用のヘルメットは、インターネットからでも簡単に購入が可能です。在庫次第ではありますが、即日発送もしてくれるでしょう。ヘルメットがすぐに欲しいという状況はあまりないかもしれませんが、どうせなら買ったものは早く欲しいですよね。

また、昔と違って今は子供がレジャー等で自転車に乗る時にヘルメットを装着している子が多いです。これは先ほども記載しましたが、事故の時に3倍死亡率が下がるからです。子を心配する親としては当然なのかもしれません。子供用のヘルメットは色々な種類、形、値段があります。なんの変哲もない白のヘルメットからカラフルでおしゃれなヘルメットなど。店頭でおしゃれなヘルメットを探すのは大変ですが、インターネットならすぐに見つかるでしょう。