ブルーシート

no

ブルーシート

テントを張る時に皆さんそのまま建てていませんか。直にテントを建てると湿気や地面の凸凹によって居心地があまりよくありません。また、地面が濡れている時だとテントの痛みにも発展しますので、あまりよくありません。

テントを張る時は、まず下にブルーシートを敷きましょう。
といっても、知っている人や経験者の方なら大抵行っています。

ブルーシートはアウトドアショップに行けばほとんど売っています。しかし、ショップで販売されているブルーシートは値段が高く、予算を考えると手が出づらかったりもします。もちろん素材は良いものを使っているのですが、安く抑えたい方はホームセンターなどで数百円程度で購入するのが良いでしょう。質や素材は当然落ちますが、キャンプで使う程度なら問題ないでしょう。

また、ブルーシートは2枚持つことをオススメします。1枚はもちろん床に敷くようで、もう1枚は雨が降ったときなどに屋根として使用するのが良いでしょう。

ブルーシートを床に敷くときの注意点ですが、まずテントよりシートが大きくならないサイズにしましょう。この考えは個人的な見解ですが、テントよりも大きくしてしまうと、雨や湿気、さらには結露などがテントの下に貯まってしまい、逆に濡れてしまう可能性があるからです。

正確なサイズがわからないという場合には、気持ち小さめが良いです。ベストはサイズを計ってピッタリを選びましょう。

より価格を抑えたいという場合には、ネット通販での購入がベストでしょう。安いもので300円から購入できたりもします。在庫があれば即日発送してくれるところも多くあります。急に必要になった場合には、即日対応可能な確認してからおこいましょう。